お届けしたいもの

2019年12月27日 | 日々の味わい |

おつかれサンタチに、届けマスープ☆

大根(さいの目切り)を塩と植物油で
大根が透き通るまで蒸らし炒めて、
出し汁(出汁パック使用)とコーン(缶詰)
を加え、ひと煮たちさせ、クコ(水戻ししたもの)
生姜(すりおろし)ニラ(細かく刻んだもの)を加え
白みそと塩麹で仕上げたもの。ポイントは、ニラを
加えたら、1.5秒で火を止めること。
20191230054406DSCN2359-1
何も食べずに休みますという選択肢もある
けれど、コレは、補って、整えて、休ませて
あげたいのですの選択肢◎

カジをとること

2019年12月14日 | 日々の味わい |

ごはんを作るのも食べるのももどかしいという
状況はあるけれど、モロモロをソコソコ健やか
に継続する為にそれを欠くことはできない訳で
のくりかえし・・・

つくねを作る余裕のないときの
鶏そぼろ対応@のせ弁の巻
20191220112702DSCN2320-1
塩そぼろベースにシイタケや生姜、山椒を
加えて味醂と醤油で仕上げてゴハンにON
コレはこぼさないように良くゴハンに混ぜ
込んで頂くので、ゆっくり食べる様になる
という副作用があった。

はたまた唐揚げ用のトリニクを塩麹に15
分程つけこんで→焼いて、冷凍しておいた
トリストック活用の巻
20191220112737DSCN2330-2

おむすびにした時には、オカズの塩加減は
控え目に、がポイント◎

その時々で微調整をすることは
自分のカラダの舵をとること◎

さかのぼること

2019年11月28日 | 日々の味わい |

修学旅行中の中学生たちと鹿たち
と歩く奈良公園。
はしゃいでいた学生達が、背中を丸めて
大きな仏様に手を合わせている姿は可愛
くて、愛おしい。
20191230051831IMG_0582縲€螂郁憶邏・痩-2
あの頃の自分は、何を願っていたの
だろうと思ってみても思い出せない。

歴史の重みと紅葉の素晴しさに、忽ち
胸は一杯になっても、お腹は空く。。

外の食は化学的な調味に被われてしまって
いる物が沢山で、連続的に頂くのは負担が
大きくなるなぁと途方に暮れていたところ
に、竹の皮に包まれたおむすびをみつけた。
威風堂々、アミノ酸不使用と記されていた。

それは、柿千さんのおむすびだった。
柿の葉寿司も、とても美味しかった◎