ここからですから

2020年8月1日 | 日々の友 |

ようやく梅雨が明けた日の大葉。

今年は虫に食べられてしまったり、
太陽に会えない日が多くて、過酷
ではあったのに、残された葉っぱ
は、一生懸命に光合成をして少し
ずつ、大きくなった。
DSCN3229
梅雨明けの朝、強い太陽の光を
浴びながら、ここからですから
ね、と張り切っている様だった。