おそらく

2015年2月17日 | 日々の友 |

またまた立派なセロリに出会った。

コンクリートの中で、みずみずしい
ソレを手にしていることの不思議さ
と有難さを思う。
20150225090917P1100980-1
ワタシのような都市生活者は、
自らソレに手を伸ばさなければ、
たちまち自然とかけ離れてしまう
だろうなと思う。