みぶなも

2015年2月7日 | 日々の友 |

壬生菜も豊作であった。
というよりか、たぶん・・・
売れていなかったのだ。

水菜よりも関東では馴染みが
薄いのと、あまりにも立派すぎ
て、手がのびなかったのかも・・・

おひたしでも、パスタでもスープ
でもイロイロにして食べてみた。

中でも、熱湯にくぐらせてから
炒めたのが最も印象的だった。
20150215085440P1100871-1
兎にも角にもおいしい菜だった。