れんらく

2014年5月15日 | お知らせ |

そのお電話に、ワタシは、一週間ほど応答
出来なかったのだった。それはもうC子さん
よりヒドイ有様だと言わざるを得なかった。

身に覚えのないたくさんの携帯番号に首を
かしげつつ、たまたま側にいたまだシラフ
のマジックさんに、こんな時どうする?と
問いかけたら、ボクはねー気が向いたら
かけるよーと言われ、シラフでも参考に
ならないワと思った。

それはそれとして・・・

それはきょうの料理さんからのお電話だった。

すっかり忘れていたのだけれど、随分と前に
わたしの忘れられない味というエッセイに投稿
したことがあったのでした。
何で今頃?と思いつつ・・・

随分と前のことで恐縮ですが・・・と言われたら
それ以上は、聞かないのが、大人の約束・・・。

きょうの料理さん、なかなか電話に出なくて
本当にごめんなさい。ウチの地味な小話を発掘
して下さって本当にありがとうございました◎

思えば、ごめんなさいとありがとうを繰り返す人生だ。


いつものピーマン☆宜しかったらご賞味下さいませです。