ゆうやけ

2013年5月6日 | 日々の味わい |

黄金週間最後の日、
ザーっと強い雨が降った
その後で、母と二人で外に出た。

このところ具合の良くなかった
母が、杖を忘れて外に出た。

それはクララが立った!ほどの
感動はなかったにせよ、少しは
良くなっている兆しが見えたよう
でほっとした。

赤信号がやけに赤いと思ったら、
その向こうに夕焼けがあった。

さっきの雨のせいで緑道
には、誰もいなかった。

また緑がコクなって
初夏の気配が漂った。

大きなけやきの木の下を
歩きながら、それをじっくり
と見上げてみたり、これって
どんな花だったんだろう何て
考えていたら・・・

一体ココは、何処だっけ・・・
と不思議な気持ちになった。

母も何だか遠くに来たような
気がするわねぇ・・・と言った。