かくしん

2012年11月22日 | CSとESと未来 |

それは、つい先日のことだ。

いちょうの木の何かを小鳥が
懸命についばんでいたから
何をついばんでいるのだろ
と気になって、いちょうの
木の傍に行ってみたら、蝉
の抜け殻がまだついていた。

ひどく長かった夏が、蘇った。

ずっと気にかかっていることがある。

ほとんどのお家の紫陽花は刈り取られた
のだけれど、このお家の紫陽花は、その
ままになっていて、今でもまだ花をつけ
ている。もうすぐ師走だというのに・・・

それを見る度に、あれから確実に
環境は変わったのだと確信して、
身の引き締まる思いがする。


一日、一日を大切にしようと思う。