SEEDER

2012年6月3日 | CSとESと未来 |

あれは寒い夜のことだった。
パーマカルチャーのお話を
聞きにイソイソと出かけた。

大勢の人が来ていて驚いた
のだけれど、ワタシの後味
は、違和感だけだった。

限られた一部の人々が
限られた地域で自然と
の共生を目指して生活
していても、環境が良く
なるとは思えなかった。

それよりも1人、1人が少しずつでも
環境のために行動を起こすことの方
が大きな変化を生む。そうしなければ
間に合わないのに・・・と思って何だか
とてもガッカリしたのを覚えている。

ところがwakiちゃんからのお誘い
には、東京とアーバンが+されて
いたから行ってみた。

で、行ってよかった☆☆☆。
Tokyo Urban Permaculture
海くんの話は、とても楽しかった。
持ち寄りゴハンも美味しかったし、
ありがとう!ありがとう!

確かに、都会でも少しの土が
あれば、植物は育ってくれる。

それは、よく観察すれば明らかだ。

種をまけば、育っていく。
できることは、やっぱりある。