こどもの日

2012年5月5日 | 日々の味わい |

ギョーザにする?と、私が言ったらば、
今日はギョーザ結構ですと母が言った。

そろそろ誰かがギョーザは
もういいですと言うのでは
ないかと思ってたけれど・・・

ピザとギョーザは一人では
食べないことにしている。
アレは、どうにも盛り上がら
ない訳で、家族が集まる時
に、ついギョーザ。そして
だいたい賛成を頂く。

珍しくギョーザが却下された日。
母は、イソイソとお赤飯を炊き、
牛と牛蒡のしぐれ煮を作ってた。

牛肉をほとんど食べない私も
お赤飯としぐれ煮は、とても
合うなぁと思う。

夕ご飯は、たけのこご飯と
チキンソテーは決定です!
と、宣言した母上。

誰かの誕生日でもなく、
おめでたい予定がある
訳でもないのにお赤飯
ってナンデ?と思った。

気づけば兄の好物ばかりで、
結果、野菜不足ですよ母上!
と思ったけど、黙ってた。

あっ端午の節句だからか?と
気づいたのは、翌日のこと。

床の間の兜、物干し台を
使って鯉のぼりをあげて
いた父と兄の背中。
食卓の柏餅と煎茶と祖母。

神社の鯉幟を見たら、
いろいろと思い出した。