だいたい

2012年4月25日 | 日々の味わい |

それは、昔々のお話。

新し物好きのハハが
これはワサビ醤油で
食べる森のバターよ!
鮪のトロの味がする
果物なんだってっ!

と、初めて食卓の真ん中に
アボカドが登場し、ハっ?
と思いつつも家族でソレに
挑戦した、あの時のワサビって
チューブのワサビだったかな?

いつの頃からか・・・
いつの間にかチューブが
アタリマエになっていた。

箱に書いてある「本わさび」の文字
は、ワタシがワサビです!と力強く
主張しているのだけれど、箱の裏を
見れば、油や添加物が入っているし、
それを「本わさび」とすることは、
何かヘンだと思う。

と、ワタシが考えるようになったのは、
カラダがヘンになってからなのだけど・・・

それまでは便利でいいじゃん!
と、思っていたような気もする。

少し考えれば、ヘンじゃない?
って問題は、山ほどあるのだ。

考えなければ、あぁそうですか
となって、ヘンがアタリマエに
なっていく。

このところ「1Q84」のタクシーの
運転手さんの言葉が繰り返し響く。

見かけにだまされないように
現実とは常にひとつきりです。

だいたい生わさびはムニュっと
出すものではないし、味も全く
違うものだ。色も香りも感触も
なんて考えていたらば、スーッ
として、ツーンとして、突然に、
安曇野の美味しいお蕎麦と
山葵とコーヒーを思い出した。

記憶の中の本わさびを味わいつつ
今、手元に本わさびはないしねぇ・・・
という訳でワサビの代替品を使う。


アボカド + 粒マスタード醤油も
これはこれでナカナカ美味しい。