冬の空

2011年12月14日 | 日々の味わい |

また1通、喪中のはがきが届いた。
また1人、空の上に旅立ったのだ。
今年は、特に多いような気がする。

高校の同級生のM紀ちゃんのお母さん。
結婚式の時の嬉しそうな笑顔が蘇った。

子育て真っ只中のM紀ちゃんには
随分会っていなかったのだけれど
3年前からお母さんの闘病を家族
で支えて最後の3ヶ月は、お家で
過ごしたとのことだった。

毎日、悔いのないようにと思って
家族で頑張ったんだ~と聞いて・・・

お母さんも家族もそれは大変だった
と思うけれど・・・それはとても幸せな
最後だったのじゃないかなと思った。

お互い随分大人になったのに
M紀ちゃんとのやりとりって
どんな時でもあの頃のままだ。

好きなバンドの話や
ハマッテイル食べ物
はなんだとかそんな
どうでもいい話を沢山
しては、沢山笑うのだ。

昔のように会えなくっても
今日も私達は同じ空の下で
生きているのだと実感する。

また会える日を楽しみに
お互い元気でいようねと
しみじみと誓い合った。