こんがり

2011年8月22日 | 日々の味わい |

見事にこんがり焼けて
しまったのは18の夏。

眩しい太陽の下で
満天の星空の下で
浮かんでた。

今夏は、アレやコレや
こんがりと焼いてみた。

この暑いのに、何もこんなコト
しなくったって、と思わなくも
なかったのだけれど・・・

ソレには独特の美味しさ
とお楽しみがあるのだ。


それはそれは香ばしい日々だった

大切なモノ

2011年8月20日 | 日々の味わい |

ウチの熊じゃなくて母の朝食
には、やっぱり鮭があった。

それは、特別なお皿に載せられて
いた訳で、朝食を一緒に食べる事
は、特別になったのだなと思った。

特別なお皿とは、母が結婚した時
お祝いに頂いた洋食器。

大きなポット、砂糖入れ、ミルク入れ、
ティーカップ、ソーサー、プレート
がセットになったもの。

お客様や、ちょっと特別な時にしか登場
しなかった訳で、その都度、母は、これ
結婚のお祝いに頂いたのよと言っていた。

そのせいか家族の誰もがその特別
なお皿を慎重に丁寧に取り扱った。

よくぞ一つも割れずに今日まで無事に
来られたわねぇ・・・というのが近年の
母の口癖だ。

フィナーレ

2011年8月19日 | 日々の味わい |

今夏もまた
沢山の茄子、胡瓜、
ピーマンを頂いた。

特にSさんの夏野菜は
私にとって、エアコン
のようなものだった。

胡瓜は、せっせと
糠漬けたし、茄子は
焼くのにハマッタし
ピーマンはいつもの
感じで食卓にあった。

私の夏を支えてくれた
Sさんのお野菜が9月
までお休みです!と、
聞いた訳で・・・

最後は、どんな風に食べよう
かなぁ・・・と考えて、胡瓜は、
サンドイッチに決めた。

ミックスサンドにしたけれど
やっぱり一番人気はキュウリ
だけのサンドイッチだった。

暑い日は、麺類が食べたい!
な母のリクエストに応じて
茄子は、パスタにしてみた。

じっくりと炒めた茄子を
妹がとても喜んで食べた。

ピーマンは、珍しく
タイカレーになって

そして・・・結局また
シンプルなごはんに
戻るのだけれど・・・

お陰様で今年もみんな
元気に夏を越せるハズ・・・

この暑さも、そろそろフィナーレ
でしょ?と、心から期待している。